水上にカジノがある理由は?

Uncategorized

鉄道が発明される以前は海路の旅の方が好まれていました。なぜかというと、当時は海の旅が最も安全な交通手段だと考えられていたからです。他の交通手段よりも船で貨物を輸送する方が、業者にとって都合が良かったようです。最も安全な交通手段とは言え、長距離の移動で退屈に感じる人は多かったようです。そのため、長い船旅では様々なイベントが開催されていました。もし船旅が短い場合は、トランプをすることが多かったのです。そこで客船を運営する業者は、自分たちが収益を得られるイベントも開催することにしました。当時は川を移動する船旅の需要が高かったため、ギャンブルを始めるのは名案だと思われたのです。長い船旅の間に乗客が退屈しないようにするためです。16世紀から18世紀にかけての間は、多くの国でギャンブルは合法でした。中央政府のレベルでは合法でしたが、当時は地方レベルでギャンブルに対する規制がありました。カジノを水上に設置することで、船上ギャンブルに対する世論が好意的な方向に動く一助となりました。

政治の役割

世界中の複数の国で、陸上でのカジノ運営を厳しく禁止する法律が制定されました。川船でのギャンブルでないと、色々とトラブルにあう可能性があったようです。

アメリカの多くの州では、陸上でのギャンブルが禁止されています。20世紀初頭までに、ギャンブルは全米の至る場所で非合法とされました。しかしギャンブルの非合法化は順調には進みませんでした。1930年代には全米評議会が開かれギャンブルが議題となり、この時は合法化されました。こうしてカジノの都ラスベガスが誕生したのです。ネバダ州に隣接する複数の州では、その後数年かけて競馬や宝くじなどカジノ以外のギャンブルが行われるようになりました。1990年までには国民的な懸念をよそに、リバーボートカジノが合法化されました。

船上カジノ

クルーズ中に船上でギャンブルをするには、制限がいくつかありました。時間制限があり、クルーズ中に一度だけ開催するという決まりでした。このため沿岸の警備隊は、イライラを募らせることになります。カジノを営業している河川に向けて航行する船の数が増えたからです。また、ギャンブル運営サイドは、収益を上げるため船上でギャンブルができる時間を延ばす必要があります。しかし時間を延ばす代わりに、船旅の時間は無視することにしました。船を特定の場所に長期間係留することにしたのです。セメント池を建設してそこに船を浮かばせるのです。おまけにそもそも移動しないという前提で設計されたカジノ船もあります。そうすれば長期間カジノを運営でき、より多くの収益が得られるからです。

結論:

アメリカでは合法的なギャンブルに反対する地元の声があるにも関わらず、今日では多くのカジノが水上で営業しています。地理的および社会的な影響は限られていますが、リバーボートカジノは収益を上げるようになりました。時が経つにつれリバーボートカジノに対する規制がすべて撤廃され、近年カジノは波止場には付き物の存在とみなされ雇用の場としても機能しています。リバーボートカジノが存在するのは、移動を目的としているからではなく歴史的な背景があるからです。複数の州では、船上でのギャンブルに制限がかけられています。しかし依然として主要な観光資源とみなされ、観光客はギャンブルを体験することができます。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments