水道直結型ウォーターサーバーにデメリットはある?確認しておくべき注意点

自宅で飲む水は水道水ではなくウォーターサーバーだという人は多いでしょう。

ですが、通常のウォーターサーバーには機械の設置場所が必要になったり水の補充(ボトルの交換)を自分でしなければいけなかったりと、不便な点が数多くあります。

そこで注目なのが水道直結型ウォーターサーバーです。このタイプのウォーターサーバーは従来のものとは大きく異なる特徴を持っているので、何も知らない状態で購入をすることは賢い選択とは言えません。そこで、水道直結型ウォーターサーバーが持っているデメリットについて詳しく紹介していこうと思います。

水道直結型ウォーターサーバーとは?メリットは何?

水道直結型ウォーターサーバーはその名の通り、水道から直接水を取り入れるタイプのウォーターサーバー。

ウォーターサーバーといえば大きな据え置き型というのが一般的な形なので場所をとるイメージがありますが、場所の確保が容易です。

水道直結型なので当然ながら、重たい水をわざわざ買いに行かなくても良くなりますし、水タンクを抱え上げて交換するといった手間も必要ありません。

また、水タンクの定期配送を業者に頼んでいる場合、自分の都合がつかずに受け取れない可能性や逆に配送側がトラブルで配達できないなんてこともあり得ます。しかし、水道直結型ウォーターサーバーならばそんな心配は必要ないのです。ウォーターサーバーの内部には水を濾過する特殊なフィルターが組み込まれているので、水道水に含まれる塩素を除去してくれるなど浄水機能もしっかり備わっています。

詳しくは以下記事をご覧ください。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリットについて

買い物の手間は省ける、水タンクの交換もしなくて良い、しかも水は綺麗に浄化されていつでも好きな時に飲めるとなれば言うことなしですが、何もかもが好都合とは行かないのが現実です。

一見、メリットしかないようにも思える水道直結型ウォーターサーバーにも、残念ながらデメリットは存在します。

デメリット①:設置費用がかかる

通常のウォーターサーバーとは違い、水直結型ウォーターサーバーを設置するには工事をしなければいけません。これは水道直結型ウォーターサーバーの大きなデメリットと言えるでしょう。

それほど大規模な工事ではないのですが、設置を希望する水道管の位置によっては難航する場合もあるので注意が必要です。まずは写真を送って確認してもらいましょう。

費用の目安としては大体2万円くらいを想定しておくと良いでしょう。ただ、メーカーによっては一定の条件を満たした顧客に対して、水道直結型ウォーターサーバーの設置に掛かる費用を無料にするキャンペーンを行っているケースもあるので、工事を頼む前には情報確認の徹底をおすすめします。

また、水道直結型ウォーターサーバーの主流会社であるウォータースタンドは、設置費が無料。とても良心的ですね。

デメリット②:設置場所が限られる

水道直結型ウォーターサーバーは、水道と直結するという特性から取り付けが可能な範囲には制限があります。

基本的には水道管が通っているキッチンまわりに設置されますが、それ以外の場所でも取り付けができる場合はあります。しかし、設計上どうしてもホースで水道管とウォーターサーバーを繋ぐ必要があるため、あまりにも水道管から離れてしまうとホースが動線の邪魔になったり見栄えが悪くなったりする可能性は否定できません。

なので、実際に水道直結型ウォーターサーバーの設置を検討しているのであれば、どこに置くのかも合わせて検討する必要があります。あらかじめ設置予定スペースを確認・確保しておくのが良いでしょう。

デメリット③:水の長期保存や備蓄ができない

水道直結型ウォーターサーバーを取り付けることで、塩素が濾過された水道水を飲めるようになるのですが、塩素は意味もなく添加されているわけではありません。塩素には水を雑菌から守る、いわばバリアのような役割があるのです。しかし、水道直結型ウォーターサーバーで塩素を除去した水道水はそのバリアがない状態なので、雑菌に弱く日持ちがしません。とはいえ基本的には継続して使用するので、問題は無いでしょう。

しかし長期間の保存や緊急時のための備蓄としてはあまり期待できません。水道が止まれば使えなくなるからです。

つまり災害時に万が一水道が止まってしまうと意味がなくなってしまいます。なので、災害時に必要と考えられる水に関してはペットボトルを備蓄水として用意しておくと良いでしょう。

デメリット④:天然水を飲みたい人には不向き

ウォーターサーバーを使う目的の一つにはクリーンな水を飲みたいというものがあると思います。

水道直結型ウォーターサーバーは濾過された綺麗な水を飲むことはできますが、水道水であることは事実として避けられません。

なので、自然の中から汲み上げてきた天然水が飲みたい人や水に対して強いこだわりを持っている人などには不向きであると考えられます。逆に、水道水を直接飲むのは抵抗があるという人や濾過された安全な水を家で手軽に飲みたい人などには、水道直結型ウォーターサーバーという選択肢は最適であると言えるでしょう。

後悔のない選択のために!デメリットをきちんと把握しておこう

水道直結型ウォーターサーバーには前述にもあったようなデメリットが確かに存在します。

ですが、設置に必要な費用も決して高額ではないですし、水を買いに行く手間もなくなります。そして何よりも、自宅の水道から不純物が取り除かれた安心安全な水がいつでも出て来るというメリットは大きなものです。

もちろん、実際に水道直結型ウォーターサーバーを取り付ける際には、製品が持っているメリットとデメリットをしっかりと見比べることが大切です。

失敗のリスクを少なくするためにも、欲しいという一時的な感情ではなく自分にとって本当に利益があるのか、どのくらいデメリットはあるのだろうかというポイントを考えながら、冷静かつ慎重に購入を検討すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください