毎月5千円を簡単に稼ぐ方法〜タダでウォーターサーバーを使う〜

アイキャッチ画像

 

ウォーターサーバーにかかるコストが苦しいです。何かいい方法はありませんか?

手っ取り早いのは支出を見直すこと。あるいは、毎月5千円〜1万円くらいなら誰でも簡単に稼げます。

 

稼ぎ方を説明する画像

ウォーターサーバーを導入するにあたり、一番気になるのはやっぱりコスト。

「毎月のお金のやり繰りが大変になってしまわないだろうか」と心配になってしまいますよね。

できればタダ同然でウォーターサーバーを使用できるくらいになりたいあなたに、今回は簡単に毎月5千円〜1万円を補填する方法をご紹介したいと思います。

支出のムダを無くすのが確実に楽。

まずは支出から。

ウォーターサーバーに掛かるコストである3千円〜6千円を稼ぐ前に、まずは今使っているお金を見直し、ムダを無くすことが一番ラクで、かつ簡単です。

数多くのサービスが登場し便利な世の中になってきた一方で、無駄にお金を使っているユーザーもどんどん増えてきました。

今一度、自分が払っているお金に内訳を調べてみることを強くオススメします。

 

注意
家計を見直したい方は、今すぐ洗い出しを実行して下さい。忘れる前に、今すぐです。

 

大抵の人は「確かに見直しが必要だよなあ」と思うにも関わらず、この記事を読み終わった途端に忘れて、実行しないからです。

 

先ずは実行すること。この動きを忘れないで下さい。

 

洗い出しが終わったら、その支払をどうするかを決めます。

選択肢は主に以下の3つです。

  • 支払いを止める。
  • 安いサービスに切り替える。
  • 代替案を探す。

これから、数多くのアイデアを提案していきますので、少しでもコストを抑えたい方は是非参考にしてみてください。

固定費を削る 〜効果バツグンの提案〜

見直すに当たって一番注目したいのは、『固定費』です。

直ちに支払いを止めるか安いサービスに切り替えることで、極めて大きな効果を発揮します。

見直す際は真っ先に固定費を洗い出してください。

新聞・雑誌の購読

新聞、ほんとに必要なサービスですか?

雑誌、ほんとに読む必要性を感じますか?

今の時代、新聞なんて読まなくても大抵の人は問題なく生きていけます。

あらゆる情報サービスが生まれているので、代替も可能です。

止める

無駄だと思うなら購読を止めてしまいましょう。一気に3千円〜5千円を節約できます。

安くする

日経新聞であれば、特定の証券会社で口座を開設することで、日経テレコンを利用できます。
制約はあるものの、実質タダで読めてしまう為、一気に節約できます。

代替する

・読み放題等の定額サービスを利用するのはどうでしょうか。
他の雑誌も読めて、月額も安くできるケースが多いです。

・他の有益な情報サービスを利用するのも良い提案です。
一般人であればSmartNews等の無料ウェブマガジンでも充分だと言えます。

ネットの定額サービス

ネットの定額サービスが非常に増えてきています。

いわゆるサブスクリプションというビジネスモデルなのだが、実は払っている事実を忘れている人が多いのです。

そういう人(まさにカモです)もいるからこそ稼げるビジネスモデルなのです。

今一度、払っているサービスと、継続要否を考えてみるべきです。

止める

・実は払い続けているサービスは無いでしょうか。先ずはクレジットカードの明細を見てみましょう。

・Netflixやダ・ゾーンなどのネット動画サービスが増えています。
ここで重要なのは、こういったサービスはお金と共に沢山の時間を払っているということです。
時間も一つのコストと捉え、継続要否を考えるべきです。

安くする

サービスが増えることで、競合他者も類似サービスを展開しています。

一番安くて効率の良いサービスを探してみてはいかがでしょうか。

代替する

Amazonプライムなら動画サービスや音楽、クラウドサービス等、数多くのサービスを纏めて提供しており、コストパフォーマンスはかなり高いです。

同様のサービスを使用している方は、検討する価値があるといえるでしょう。

通信費

通信費はなかなかの独占市場ということで、値段がやたら高い印象です。

しかし格安SIMであったりWimax等の第三セクターの勢いも合って、段々とユーザーに優しい世界になりつつあります。

通信費が月1万もかかっているという方は、大いに見直す必要があると言えます。

止める

固定電話、本当に必要でしょうか?

私は実家から離れて1人ぐらしとなった段階で、固定電話とお別れしていますが、全く必要性を感じていません。

安くする

スマホ3大キャリア(au,docomo,softbank)を未だに使っているならば、格安スマホやMVMOについて検討すべきです。

代替する

固定インターネット回線をモバイルWi-Fiに切り替えることで、外出中もWi-FIが使用可能になります。

3大キャリアがスマホ大容量プランなんてものを展開していますが、明らかに罠であり、カモにされないようにして欲しいところです。

 

私の場合はMVMOのIIJmio(インターネットイニシアティブ)でスマホ代は月2000円、モバイルWi-FiとしてBICLOBEのWimax2+を使用しており(月4000円で使用制限なし)、大体月6千円程度で収まっています。

スマホは月5GBですが、外出中もWimaxを使っているので、むしろ容量の貯金ができてしまっています。より安い3GBプランへの変更を予定しています。



スマホのオプションサービス

スマホ契約時に色々と勧められるオプションサービス。

たいてい必要のないサービスです。

そして通信費の1つとして纏めて請求されるので、忘れやすいです

止める

故障時のサービス(AppleCareなど)、要りますか?

私は基本物持ちの良い人間ですが、ガラケーやスマホを壊したことはないです。

基本丁寧に扱うのであれば、必要ないと言えます。

例えば自分が漁師で、常に水没するとかそういうリスクがある人だけが契約すればいいのですが、普段の生活で壊れる機会が大して無い方は、いらないでしょう。

安くする

オフィシャルじゃなくとも類似サービスはあるわけなので、わざわざAppleCareに入らなくとも、壊れたときだけ修理してもらう方が明らかに安くなるわけです。

いまやどこかのショッピングモールや家電量販店に行けばそういう修理屋さんがあるので、そっちを利用したほうが得ですよね。

代替する

画面を落としそうって人は、落とした時に割れないようにしておくとか、そっちの対策をすればいいと思います。

割れた時の対策をするのではなく、割れない対策をする。そっちの思考の方が安くなりますよね。

 

私の場合は、スマホオプションサービスは一切入っていません。

そして結局必要性も感じていないので、入らなくて正解だと思っています。

MEMO

高い買い物をするとオプションサービスが安く感じてついつい注文してしまいがちです。

販売員はそのような心理学を利用して、どんどんと勧めてくるわけです。

車を購入した時、スマホを購入した時、スーツを買った時、「あわせてこちらもいかがですか?」という魔法の言葉を耳にした際は、警戒して下さいね。

とにかく維持費が辛いと思います。

とはいえ車についてもサービスが充実し始め、車を使う必要があまり無い方にとっては非常にありがたい状況になっています。

止める

そもそも要りますか。移動手段について、再度考え直してみてはいかがでしょうか。

安くする

中古車や安い新車じゃだめなのでしょうか。どういう時に車を使うのかを、先に考えるべきです。

代替する

普段は使わないけどたまにだけ車が必要であれば、カーシェアリングかレンタカーを利用すれば解決ですし、大幅にコストを抑えられますよね。

 

私は都内に住んでいますので、車なしの生活で充分です。

旅行の時だけ、レンタカーを借ります。

年会費・月額がかかるもの

意外と多くて忘れがちな、年会費がかかるもの。

年単位だと請求されていることに意識がいかない、あるいは忘れているケースが多いので、注意したいところです。

初年度無料にご注意を

忘れさせて儲ける典型サービスが『初年度無料!』。

この謳い文句に誘われて契約したはいいが、2年後にはすっかり忘れて支払ってしまうというもの。

これも、売る側の作戦であり、まんまと引っかかる人が多いのです。

年月が経ってから請求されるサービスに注意しましょう。

以下が代表的な年会費・月額制ビジネスです。本当に必要か、安くできないか、代替サービスはないか、考えてみましょう。

  • ジム・スポーツクラブ → タダでもスポーツできますよね。
  • クレジットカード → 最小限に絞ることを心がけましょう。何枚も要りません
  • 習い事 → 自分にとって本当に必要でしょうか?
  • ファンクラブ → 特典は価値のあるものですか?

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーも大いに見直すべき、あるいは検討すべきサービスです。

安くて便利と謳っている広告が多いですが、大抵は罠です。

3人以上いれば、基本的には完全定額制の水道直結型ウォーターサーバーに切り替えた方がコストも安くなります。

止める

本当に要りますか。

導入を考えている方は、それをじっくり考えてから導入して下さい。

月額を取られるので、簡単な決断は禁物です。

安くする

ウォーターサーバー業界も激戦区になりつつあり、製品種類もどんどん増えてきています。

基本的には飲む分だけ請求される、かつノルマに縛られる宅配型ウォーターサーバーより、月額固定制である水道直結型ウォーターサーバーに切り替えた方が安くなる方は圧倒的に多いです。

代替する

使用用途が『飲料として』だけであれば、水道水をきれいにする浄水器だけで良いかと思います。

ウォーターサーバーは温水も飲みたいとか、料理にも使いたいとか、プラスアルファで利用する方に向いている製品なのです。


変動費を削る 〜普段から意識する〜

変動費については、普段から意識して行動すれば確実にコストを削ることができるものです。

習慣づけないと難しいかもしれませんが、ちょっと意識すれば確実に行動も変わってくるものなので、長い人生を生きていく上では重要になってくるものです。

飲み会を断る

簡単なのがこれ。飲み会。

たまに行くのが吉です。1回2回と抑えるだけで大幅にコストを抑えられるので、さっさと「飲み会には滅多に来ない」キャラになってしまいましょう。

しかし中々断れないのが日本人。ということで先ずは二次会から断って下さい

あるいは断りやすい理由を作って下さい。

  • 結婚して家事をしている
  • 介護が必要
  • 難関資格に挑んでいる
  • 副業している

課金しない

典型的にハマるのは、スマホゲーム。

ちょっとだけ課金するからこそ楽しいのが課金なのであって、大量に課金してしまうと心身ともに良くありません。危険ドラッグやタバコと一緒です。さっさとやめてしまいなさい。

どうしても止めれない人は、先ずはどうやれば止めれるかを自分で考えてみてください。

自分で考えて実行してみてください。それをやるだけでも人間、徐々に変わっていけるものです。

 

私の提案としては『みんちゃれ』でみんなと一緒に共同の目標を立てて毎日みんなと進捗を共有することです。

他人を利用することで、自分のモチベーションを維持しやすくなります。

みんチャレ – 三日坊主防止アプリ

家計簿をつけてみる

直接的な効果はありませんが、続けることで絶大な効果がでるのが家計簿です。

いわば個人の財務諸表となり、ムダを発見することができます。

また、自分で金額を入力する習慣をつけることで、「俺って外食にこんなに使ってるんだ。。」と自分に気づきを与え、行動に繋げることができます

MEMO

食費や外食費。被服費、交際費、生活雑貨費、医療費、ガソリン代、レジャー費、美容費、書籍代、交通費などなど、変動費は普段意識することで絶大な効果が現れてくるものです。

先ず手を付けるのは固定費ですが、余裕が出てくれば是非変動費のテコ入れもしてみてください。

その上で家計簿は大きな味方になってくれますよ。

今の時代、スマホでお手軽に使用できますし、なんならほぼ自動化できますので、導入してみてはいかがでしょうか。

私はマネーフォワードを3年使っています。クレジットカードや口座を連携することで、ほぼ自動的に入力できています。

マネーフォワード

毎月ラクラクと5千円稼ぐ

ウォーターサーバー分を稼ぐ。

さて、あらゆるコストを削ることができたでしょうか。

もう削るコストは無い!という方、次は収入に手をつけてみましょう。

収入をアップする最適な選択肢は給料の良い業界への転職がベストなわけですが、ここではある程度楽ちんに小さく稼ぐ方法を紹介したいと思います。

ちなみに、『楽ちん』というのは『考えず、勉強しなくても』稼げることです。いわばロボットでもできる作業です。

ロボットにやらせたいけどロボットにやらす金が無い!ってところに人件費や外注費という金が生まれてくるってわけですね。

という事情もあり、安いけれど確実に毎月少額は稼げるサービスを紹介したいと思います。

 

単発型 〜短期間でキャッシュを獲得〜

継続的に稼ぐことは厳しいですが、短期間でものすごく簡単に稼ぐことができるのが大きな特徴です。

5万〜10万程度であればあっさりと稼ぐことができますので、とりあえず早急に資金が欲しい方はこちらを検討下さい。

セルフバック

欲しい商品・サービスを購入するだけで広告主から広告収入を頂くことができるビジネスモデルです。

通常であれば広告費を出している広告主の商品を他人に紹介して買ってもらうことで、それに応じた広告収入を頂くことになるのですが、なんと自ら購入しても収入になってしまうということです。

例えばクレジットカードやウォーターサーバー等の1件申込みをすることで1万〜2万程度の収入を頂くことができます。

数件申し込んで10万円程度はさくっと頂くことができますので、手っ取り早く収入が欲しい方は是非どうぞ。

A8.netという広告サービス会社が、大手で商品数も多く、おすすめです。

A8.netの申し込みページ

またセルフバックについても分かりやすく説明しているので、以下を参考にしてください。

参考 セルフバックについてA8.net

一応いっておきますが、申し込むことにより新たな固定費が発生する可能性もあるので、そこは充分に注意してくださいね。せっかく支出を見直したのにそれでは元も子もありません。

貰える補助金は貰う

世の中にはあらゆるイベントにおいて、政府から貰える補助金なるものが存在します。

家の購入であったり、妊娠・出産・子育て、あるいは病気・ケガで入院した時、はたまた失業してしまった時でも、申請すればお金がもらえます。

それを知らずに見過ごしてる人は多く、ものすごくもったいないと思います。

貰えるお金はしっかり貰っておきましょう。

私は以下を購入しましたが、分かりやすく非常に重宝しております。ご参考にどうぞ。

継続型 〜継続して稼ぐなら〜

継続して稼いで、ウォーターサーバー代くらいは賄えるようにしたい!という方は、これから紹介するサービスを利用してみるといいでしょう。

サラリーマン・主婦問わず、誰でも無理なく実施できるものばかりです。

文字起こしや執筆

文字起こしは動画や音声を文字に変換する作業のことで、面倒くさいことから外注化したい人はたくさんおり、比較的需要のある作業です。単価は低そうですが。

また記事の執筆や商品の体験談を書いて欲しいという需要もあり、1記事書くだけで500円〜1万円程度稼ぐことができます。

継続して行うことで、月10万〜20万程度の稼ぎにはなるため、ちょっとした空き時間で稼ぎたい方には超おすすめな作業ですね。

お仕事マッチングサービスは充実していますが、先ずは大手で仕事数も多いランサーズやクラウドワークスに登録するのがいいかと思います。

 

自分の得意を売る



自分にできて、他人にはできないことって意外と多かったりします。

友達や家族にこんなことをしたら喜ばれた、みたいな経験はありますか。

そういった経験や特技は、今の時代お金になり得るのです。

せっかく時間があるのならば、自分ができること・得意なことを販売してみてはいかがでしょうか。

『ココナラ』というサービスは自分の得意を簡単に販売することができます。

まずはどんな商品がサービスが販売されているのか、確かめてみてはいかがでしょうか。

TVCMで話題のココナラ

アフィリエイト

セルフバックで少し紹介しましたが、自分で買うのではなく、他人に紹介して購入を促し、報酬を頂くのがアフィリエイトです。

要するに広告業を個人でやるということになります。

正直に言えば、ある程度の知識と時間が必要になるため、簡単には稼げずおすすめできません。

とはいえ確りと取り組めば半永久的に稼げる、かつ100万単位で稼げてしまうため、頑張ろうとする方が多いです。

5千程度であれば1ヶ月〜3ヶ月程度で手に入れることもできるため、挙げさせて頂きました。

根気に自身がある方は取り組んでみるのもいいかもしれません。

セルフバック同様に、まずはA8.netに登録することをおすすめします。

A8.netの申し込みページ

また以下のページはアフィリエイトの進め方やコツを紹介していますので、参考にどうぞ。

参考 A8キャンパスA8.net

 

おわりに

ここまで『支出を落とす』『収入を得る』という2つの視点でお伝えしてきました。

誰にだって必ず無駄があるという点で、まずは支出の見直しから初めて頂ければ何よりです。

面倒くさいと思っても、先ずはクレジットカードや口座の明細をさらっと眺めてみてはいかがでしょうか。きっと何か発見があるかと思います。

少しでも改善の余地があるなと感じた方は、今すぐ実行に移しましょう。

また、今の時代は誰にだって収入を得るというチャンスが生まれています。

今までタダでやっていたことが、実は収入になることだってあります。

そのチャンスを、どうか逃さずに掴んでいってほしいなと思います。

これだけやれば、ウォーターサーバー代なんて簡単に補填できちゃいますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください