水道直結型ウォーターサーバーとは?宅配式や浄水器との違いは?どんな人におすすめ?徹底解説!

これから自宅や職場にウォーターサーバーの設置を考えている方もいるはずです。

そこでおすすめしたいのが、水道直結型ウォーターサーバー。宅配式と比べても省スペースで設置ができる上、リーズナブルな料金でランニングコストを低く抑えることが可能です。

そこで今回は、宅配式ウォーターサーバーや浄水器などと比較しながら水道直結型ウォーターサーバーの特徴やメリット、購入からレンタルまでの具体的な手順などについて紹介します。

水道直結型ウォーターサーバーとは?特徴・仕組みを徹底解説

はじめに、水道直結型ウォーターサーバーの仕組みや機能を解説します。

水道直結型ウォーターサーバーはその名称の通り、水道とウォーターサーバーが直結しているタイプのウォーターサーバーとなります。つまり使用するお水の源水は、水道水です。

水道管にパイプをダイレクトに連結し、専用のサーバーから簡単に給水できる点に大きな特徴があります。そしてサーバーの内部には複数の浄水フィルターが内蔵されており、水道水の不純物をしっかり濾過する仕組みになっています。

さらに冷却器やヒーターが内蔵された製品の場合には、好みの水温も設定することもできます。

気になる衛生面についても、サーバー内部を煮沸させて自動除菌する機能があることで、清潔な状態を保つことが可能です。

宅配式と水道直結型ウォーターサーバーの違い

「ウォーターサーバー」と聞くと、大型ボトルを交換する宅配式のものを多くの方はイメージするかと思います。

そこでここからは、宅配式ウォーターサーバーとの違いを明らかにしながら、水道直結型ウォーターサーバーのメリットを中心に説明しましょう。

①月々にかかる費用

  • 宅配式は、使えば使うほどお金がかかる
  • 水道直結型は、どれだけ使っても同じ金額

ウォーターサーバーを設置するにあたり、経済的コストをいちばん重視する方も多いはずです。

この点について、宅配式ウォーターサーバーはボトルごとに料金が加算される従量制を採用するケースが多く、普段から水を大量に使用する場合には、大きな経済的負担になってしまいます。

これとは対照的に、水道直結型ウォーターサーバーであれば、毎月の基本的な費用はサーバーレンタル代と電気代・水道代のみで済みます。しかも定額制なので、使用量を気にすることもなく好きなだけ水を使うことができます。

ちなみに50L以上/月使用するのであれば、宅配式と比べて2千円から3千円程度は、コストを安く抑えることが可能です。使用者が3人以上いれば、基本的には水道直結型ウォーターサーバーのほうがおトクです。

②ボトルの受け取りの有無

  • 宅配式は、ボトルの受け取り・交換・保管が必要
  • 水道直結型は、すべて不要

水道直結型ウォーターサーバーのメリットは色々ありますが、宅配式ウォーターサーバーに比べて手間が掛からない点も、大きな魅力です。

水道直結型ウォーターサーバーは水道水をサーバー内でろ過する仕組みのため、そもそもボトルが必要ないのです。

そのため宅配式ウォーターサーバーのようなボトル交換が不要なので、ボトルの発注や受け取りはもちろん、ボトル置き場の確保といった手間も省けます。さらに重いボトルを交換する必要もないため、力仕事やケガのリスクも回避できます。まさに女性やお年寄りにも優しいウォーターサーバーと言えるでしょう。

浄水器と水道直結型ウォーターサーバーとの違い

同じようにクリーンで健康的な水を求めるのであれば、浄水器の設置を検討している方もいるかもしれません。

そこで次は、浄水器との違いを踏まえながら、水道直結型ウォーターサーバーのメリットについて詳しく見ていきましょう。

①取り付け

水道直結型ウォーターサーバーは、水道からパイプで接続して使用する性質上、取付け工事が必要になります。この場合にかかる初期費用には、2万円程度を想定するといいでしょう(設置費無料の会社もあります)。

ただしサーバー本体については無料であることが多く、取付けも業者任せなので気楽です。

その一方で、浄水器には蛇口直結型やシンクトップ型あるいはポット型まで様々なタイプがあるものの、いずれも本体に値段がかかり、高いものでは3万円台のものまであります。しかも取付けは自分でする必要があるので、不慣れな素人の方にとっては負担を感じるかもしれません。

②フィルター発注・交換

水道直結型ウォーターサーバーと浄水器それぞれの基本的メカニズムは、いずれもフィルターで濾過するという点で共通しています。したがってどちらにしても、一定の期間を過ぎればフィルターを交換する必要が生じます。

浄水器の場合には、フィルターの発注や購入あるいは交換まで、トータルに自己管理で進めなければなりません。

これに対して水道直結型ウォーターサーバーであれば、定期メンテナンスの際に専門業者によって、点検からフィルター交換まで行ってくれるので、手間が断然省けます。しかも水道直結型のフィルター交換は半年に1回程度。そして、ほとんどの会社がメンテナンス費を無料としています。そのためフィルターの費用や、立会の負担も少なく済みます。

③熱湯が使えるのは水道直結型ウォーターサーバーだけ

浄水器との1番の違いは、熱湯の使用有無でしょう。

水道直結型ウォーターサーバーであれば、85度〜95度の熱湯をすぐに使用することができます。そのためコーヒーやお酒のお湯割り、カップ麺なども使用できるため、大変便利なのです。

水道直結型ウォーターサーバー導入前に!知っておくべき注意点

ここまでの紹介で、水道直結型ウォーターサーバーの導入を決めた方、あるいは導入したいと思った方もいるかもしれません。

ただし導入する前に、ウォーターサーバーの選び方や利用についての注意点も、よく知っておく必要があります。したがってここからは、導入前にチェックしておくべき注意点について幾つか説明しましょう。

ウォーターサーバーを選ぶときの注意点

ウォーターサーバーの導入にあたっては、ユーザーごとに様々な事情を抱えるため、希望するウォーターサーバーのタイプも異なるものになるはずです。

したがって導入前には、次の点について事前に把握しておく必要があります。

まず求める機能に対して、予算がどれだけ必要なのかということです。

一口にウォーターサーバーといっても、本体サイズやボトル容量あるいは温度設定の機能など、機種ごとに規模や性能も異なります。当然それに伴いレンタル料金も変わるため、予算との調整をしなければなりません。

また設置当日に慌てないためにも、予めスペースを確保しておくことが重要になります。本体サイズや見栄えなどの他、水道からの導線もしっかりとチェックし、必要であれば業者へ事前に相談することも大切です。

ほとんどのメーカーさんは事前に写真を撮って見せるだけで確認してくれますので、お問い合わせは簡単です。

利用に関する注意点

メリットの豊富な水道直結型ウォーターサーバーですが、人によってはこれを利用することで、かえってデメリットになる場合もあります。そうならないためにも、次の点について予めチェックしておくことが肝心です。

まず水の使用量が少ない家庭や事業所などでは、宅配式や浄水器の方が経済的コストの面で優れている場合があります。先述したように、定額制を採用している水道直結型ウォーターサーバーにおいては、水を使用するほどお得になります。裏を返せば、日頃から定額未満しか水を使用しない場合には、かえって損することになりかねません。

また、もし契約期間内に解約する場合、違約金・解約金を負担する必要が生じます。ウォーターサーバーのビジネスモデルは通信料金とそっくりです。そのため、最低でも2年間は使用できる環境と覚悟を持っておいたほうが良いでしょう。

また転居でサーバーも移設したい時や、機種変更を希望する際にも、新たに設置費用がかかるケースがほとんどです。このように水道直結型ウォーターサーバーにおいては、普段から水の使用量が多く、長期利用することが前提になっていると言えます。したがって水道直結型を導入する前には、日頃の水の使用量や長期利用の必要性などを、しっかりと把握しておくことが重要になります。

水道直結型ウォーターサーバーはこんな人にオススメ

ここまで見てきたように、水道直結型ウォーターサーバーには宅配式ウォーターサーバーや浄水器にはない様々な特徴やメリットがあります。

なので、水道直結型ウォーターサーバーにふさわしいユーザーがいるのも事実です。そこで、どのような人に水道直結型ウォーターサーバーがおすすめできるのかを紹介しましょう。

3人以上のご家庭

コストの面だけ考えれば、使用量を考慮して3人以上が使用するのであれば、水道直結型ウォーターサーバーをオススメします。

場合によっては2人でもお得になるケースも充分に考えられます。水道直結型ウォーターサーバーは、お水の使用用途に幅が広がるからです。水道直結型ウォーターサーバーは飲み水だけでなく、カップ麺やコーヒー、料理などにも使えるのです。

子どもがいる・二世帯で住んでいるご家庭

小さい子どもや体の弱いお年寄りがいる家庭では、健康のためにも毎日の飲み水には気を使いたいものです。

このような家庭こそ、水道直結型のウォーターサーバーがピッタリ。サーバー内にある高性能フィルターの濾過によって、新鮮で安全な飲料水を毎日使用することができます。

また、ボトルを使用する宅配式のウォーターサーバーとは異なり、いちいち重いボトルを交換する必要がないので、子どもや女性、お年寄りでも全く心配ありません。宅配式ウォーターサーバーを使っているご家庭ではよくこの不満は聞くので、注意しておきましょう。

2年以内に引っ越さない方

2年以内に引っ越す予定がある方は、費用の面ではオススメできません。解約するなら解約金、引越し先でも使用したい場合は新たに移設・工事費が掛かってしまうからです。

ただしこれは宅配式ウォーターサーバーでも同様(移設費はかからないかもしれません)です。したがって、たとえ移設・工事費を考慮したとしても、長期的に考えれば水道直結型ウォーターサーバーの方がおトクであるのは間違いありません。

従業員の多い法人

職場によっては、宅配式ウォーターサーバーを設置している企業も数多く見かけます。

ただし従量制の宅配式では、使用した水の量に比例して費用も増すので、従業員を多く抱えた企業ほど経費が重くなりがちです。この点、定額制を採用している水道直結型ウォーターサーバーであれば問題なし。定額制なので水の使用量を気にせずに、使えば使うほどお得なので、利用人数が多い企業には最適です。

多いと言っても、3〜4人以上の会社であればコスト削減が充分に見込めます

また健康的で美味しい飲料水を全従業員に提供することで、企業が福利厚生に取り組む姿勢としても喜ばれるでしょう。

飲食店

飲食店にとっては、料理のクオリティを左右する水の存在は大きいものです。もちろん飲料水としても、お客様へ直接提供する必要があるため、安全で美味しい水であることが大前提になります。

まさにこのようなシーンでは、水道直結型のウォーターサーバーが大活躍。味はもちろん衛生面にも気を使う飲食店において、安全で美味しい水をしっかりアピールできます。さらに高品質な水はそのまま調理でも使えるので、お客様へ出す料理のクオリティ向上にも役立ちます。

そして、宅配式ウォーターサーバーを使用しているのであれば、水道直結型ウォーターサーバーへ乗り換えることをおすすめできます。費用の削減だけでなく、従業員の負担も減るためです。

水道直結型ウォーターサーバーで手軽に美味しいお水を!

ここまで紹介してきたように、水道直結型ウォーターサーバーはボトル交換の手間が省けて、ランニングコストにも優れます。

このような特徴やメリットを理解した上で、購入や乗り換えを決めたのであれば、まずは資料請求から始めてはいかがでしょうか。そして複数の資料を比較してみて、自分のニーズにマッチした製品を見つけたら、取り扱い業者へ直接問い合わせることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください